転職を考えるにあたって

私は、一般大学を卒業し、一部上場企業に就職しました。世間一般では勝ち組と認識される分類だったと自分では思っています。

しかし、世間の見方と自分の感じ方は当然、違いが生じます。働いてみると自分の思っていた仕事とは違う内容だった。先輩が怖い。会社がストレス。残業が多い。休憩が少ない。休みがとれない。昇進するのは一流大学や上司と同じ出身校。親族企業で上に上がるの人材は決まっている。

こびへつらうのは嫌だ。休日出勤がある。取引先の相手からパワハラ・モラハラを受けている。相談しても解決しない。など様々な悩みがありました。

転職を考えている方は、同じような思いを少なからずしているのではないでしょうか。

 転職と簡単にいっても、現役と違うため、名の知れた企業への就職は、よほどの技術やコネクション・資格がないと難しいと思います。また、経験年数も重要で3年程度の社会経験があっても、次の採用する側からするとたった3年で辞めてしまうような人材は正直続かないのではという判断にいたるケースが多いと思います。転職を本気で考えるなら、自分にとって今の企業に残るメリットと、今の現状を打開するための方法をしっかりと判断してください。仕事を辞めたいと思っているときは、人に何を言われても、辞めたいという思いが先行しており、辞める以外の決断がしにくくなっています。今後の自分の人生に大きな影響を及ぼすことになるので、様々なパターンを考えてく決断してください。直感で動くのは危険を伴います。

 私は転職する際に、上司との馬が合わない。残業が多い。出世するのは親族。仕事が思っていたのとは違う。と感じ、辞めたいという思いが強くなり、冷静に今後のことを判断せずに仕事を辞めてしまいました。次の仕事は簡単に決まると思い込んでいましたが、世間はそんなに甘くありませんでした。新卒で入ったときより、現実は給料・休日・労働条件は良くなるわけはありませんでしたし、職業安定所にいっても、以前の状況より良くなるのは難しいと率直に言われました。今更辞めなければよかったと後悔がおそってくるほど、社会は厳しい現状でした。今後の長い人生でその場暮らしを選択するのは、若い年代だと可能ですが、ある程度年齢を重ねていくと、それすらも難しくなります。その為、私は専門的な資格を得ることが出来れば、確実な仕事につけるという部分に着目しました。

 資格は持っておいて損はありませんし、専門職なら資格がないと雇用出来ません。また簡単に取得できる資格は、ほかの人も保持しています。ある程度自分に対してハードルを設定し、人が簡単に取得できない資格を、保持することをおすすめします。転職サイトにおいても、資格を持っている方が有利になります。なんでもいいから獲るのではなく、自分がやりたい分野での高みを望んで取得することをお勧めします。

医師 転職

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です